スタッフブログ

子宮ガン検診は20代でも必ず受けて欲しいです。

私自身は乳がんを患い治療してからもう20年近く経つのですが、それ以降は家族にも日々の食事の重要性を
口酸っぱく繰り返し、食事には気をつけています。

仲良しの友人の娘さんに市民検診で子宮ガンが見つかったとの話を聞きました。
たまたま母親の検診同行のついでに初めて受けた子宮ガン検診で初期の段階で発見してもらえたそうです。
子宮ガンも初期は自覚症状が無いそうです。
ガンに罹患しない方が良いに決まってますが、
幸運にも超早期発見で治療が始められることはありがたいですね。

調べてみて驚きましたが、20代での子宮ガン患者が増えているらしい。

今回の彼女のように出産経験もある若くて、健康な人でも罹患するんですね。。。
(昭和人間の勝手な思い込みで、↑ の該当者は低リスクだと。。)

日本では40才未満だと健康診断のがん検診は実費だし、40才以降は隔年だったりが多いですが、
実費でも毎年がん検診を追加で受けるべきですね。

娘にも長男のお嫁さんにも検診の重要性を伝えないと!

生物の体の細胞は日々口にするもので創られています。
100年人生を健康で謳歌するためにも日々の食事は更に気をつけたいものです。

記事一覧

1ページ (全204ページ中)

ページトップへ